0

あなたのカートは現在空です。

 

滋味溢れる野生のハイビスカスにシナモンが香るジャム

カンボジアでは11月から12月にかけてがハイビスカス(ローゼルハイビスカス)の収穫期です。

ハイビスカスジャムはもぎたての生のハイビスカスからしか作れないため、カンボジアのデメテルハーブティー工房では毎年期間限定、量限定で生産していました。

ハイビスカスの酸味にシナモンが香るジャムは現地では毎年大変な人気で、事前予約分だけで売り切れる年もあるほど。

今年は生産体制が拡充したため、例年よりも多く作ることができたため、日本でも数量限定で販売致します。

原料:ローゼルハイビスカス、シナモン、砂糖、ライム果汁

容量:120g

賞味期限:2023年6月

容器:スパウト袋

使い方:トーストに塗る他に、チーズ、ヨーグルトなどに合います。豚肉のローストにソースとして使うのもおすすめです。

デメテルハーブティーのハイビスカスジャムは、カンボジアに自生する野生種のローゼルハイビスカスを使用しています。

野生種のローゼルハイビスカスは果肉が薄く、色が明るめで酸味が強いのが特徴です。

果肉が薄いために種取り作業が手間ですが、パートナー農家のネイさん家族が毎年丁寧に種を取ってデメテル工房まで届けてくれます。

 

デメテルハーブティーの原料のハーブは「学校ハーブ園プログラム」で栽培された、無農薬のカンボジア産を使用しています。「学校ハーブ園プログラム」は、地方部の学校の緑化美化、伝統文化の継承、学校運営費創出のための活動です。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

 

配送について輸入手続きを終えた製品を、大阪の事務所より発送致します。カンボジアからの郵送ではありませんので、3~4日でお手元に届きます(日本の祝祭日、配送状況で多少前後します)

 

    ティーバッグの場合

    1 カップ(200ml)にティーバッグ1個を入れて下さい。
    2 沸騰したお湯(95℃~100℃)をティーバッグの上から注ぎ、3~5分お待ち下さい。カップに蓋をすると香りが逃げず、より美味しく淹れられます。
    3 ティーバッグをカップから取り除き、出来上がりです。 ※ティーバッグを入れたままにすると、味が濃くなりすぎたり、苦味が出ることがあります。

     

    茶葉タイプの場合

    1 ポットの大きさに合わせて茶葉を入れます。200mlに対して大さじ1杯が目安です。茶葉は下から良くかき混ぜ、ブレンドされたハーブがまんべんなく混ざるようにして下さい
    2 沸騰したお湯(95℃~100℃)を茶葉の上から注ぎ、ポットに蓋をして3~5分お待ち下さい。
    3 カップに注ぎ、出来上がりです。 ※ポットの中にハーブティーと茶葉が残った状態で長く放置すると、味が濃くなりすぎたり、苦味が出ることがあります。すぐに飲まない場合は、茶葉を取り除いて下さい。


    ハーブティーの保存方法

    デメテルハーブティーでは、自然栽培された原料を天日乾燥で加工しています。化学薬品などによる防虫加工は施していません。
    そのため、ごく稀にハーブ虫が発生する事があります。お求め後の保存は、必ず冷暗所、冷蔵庫でお願い致します。

    1 密封容器で保存して下さい
    購入されたハーブは、ジップロック袋、またはプラスチックやガラスの密閉容器に入れ、なるべく空気に触れないようにして保存下さい。

    2 冷暗所で保存して下さい
    ハーブは湿気と高温を嫌います。直射日光も品質を損ねる要因になります。冷蔵庫などの冷暗所での保存をお勧めします。特に夏場は、冷蔵庫での保存が理想的です。

    3 賞味期限も保存容器に明記して下さい
    購入された製品には、賞味期限が記載されています。もしも容器を移し替えてご利用になる場合、購入時のパッケージに記載されている賞味期限をシールなどに書き換えて容器に貼ることをお勧めします。