Cambodian Bounty Project

view more
view more

ABOUT

Ethical, Narural, Luxury, カンボジアの良いものを世界へ

Cambodian Bounty Project(カンボジアの賜物プロジェクト)は、カンボジアの⼤地から⽣まれた魅⼒ある製品を世界中の⼈たちにお届けしたい、そんな想いから⽣まれました。

カンボジアには、太陽と⽔の恵みをたっぷりと受けた豊かな⾃然、そしてアンコール王朝の昔から育まれてきた独⾃の⽂化があります。

まだまだ世界の⼈たちに知られていないカンボジアの良いもの=Cambodian Bountyを発信したいという熱意を持ったカンボジアと⽇本の有志の連携のもと、Cambodian Bounty Project の第⼀弾として、Angkor TeaとBlue Butterflyが⽣まれました。

思わず⼿に取ってしまうラグジュアリーなデザインは⽇本のデザイナーが手掛けています。これまで⾒たことのないアンコールワットを模ったTea Bagは⽇本の特殊技術で制作しています。原料のハーブティーとフルーツビネガー、蜂蜜はカンボジアで⽣産しています。









学校ハーブ園プロジェクト

ハーブティーの原料は、私たちが⻑年取り組んできた「学校ハーブ園プロジェクト」で作られています。これは、学校の敷地でハーブを栽培することで、⽣徒たちに衛⽣教育や学校の美化緑化の機会を作り、地域の薬⽤植物について伝統医療師を通じて学ぶ⽂化継承の機会を提供すると同時に、栽培したハーブを私たちが買い取ることで学校運営費の補助になるという取り組みです。学校の取り組みを通じて、コミュニティの⼈たちも薬⽤植物に関⼼を持ち始めたり、学校との絆が強まったりと、地域を巻き込んだ活動に成⻑しつつあります。そんな学校ハーブ園プロジェクトから、Angkor Tea、Blue Butterflyのために、ハイビスカスとバタフライピーの⼆つのハーブを選びました。ただ品質の良いものではなく、地域の⼈たちが誇りを持てるような、⼦どもたちが学ぶ学校環境が良くなるような、Ethicalな製品づくりを⽬指しています。ハーブティーだけでなく、カンボジアを代表する植物椰⼦とライムをベースに作られたライムビネガー、そしてカンボジアで最も聖なる⼭であるクーレン⼭で作られた蜂蜜、全ての原料が⾃然のままに作られています。カンボジアと⽇本、双⽅の多くの⼈たちの想いがつまったCambodian Bounty Project。そこから⽣まれた製品を、ぜひお試しください。

Angkor Tea

VIEW

Blue Butterfly

VIEW